2015年5月31日日曜日

ちゃん付けで呼んでしまう、はとことの再会

5月最後の日曜日は
実家から2時間の場所にある
鳥取の親戚(母方祖母の実家)の
はとこの母親の墓参りに行った。
母方祖母の実家は
母にとってはいとこの家になるわけだが
母の母は、母が幼いとき亡くなっているので
母にとってそこは実家のような感覚の家でもあったようだ。
私たち姉妹も幼いとき
母に連れられて夏休みの時期に何度か行っている。
そこは二十世紀梨を作っていた大きな農家だった。
親族の子どもたちが
夏場は6人ぐらい泊まっていただろうか。
 
はとこたちと、その梨畑の山を越えて
海に行ってよく遊んだものだ。
タイヤのチューブを
ウキワにして転がして海へ持っていったこと
海に行く時、帰る時には、梨を捥いで食べたこと
妹が海で溺れかけて、はとこのお兄ちゃんに助けられたこと
スイカやトウモロコシの山をおやつとしてたっぷり食べた事
夏祭りの神社でお数珠を一緒に回したことなどなど
数限りないたくさんの思い出が
姉妹にとって、はとことの血縁が薄くても
まるで濃い親戚のような感覚を抱いてしまっている
 
はとこもわたしたちも年を重ねたが
今でも会えば
幼い時のように距離を縮めて「ちゃん」付けで呼び合ってしまう。
とんちんかんな母の言葉を
もちろん認知症と知っていることもあるのだが
温かく受け入れ「おばちゃん、おばちゃん」と親しみを込めて
大切にしてくれる
はとこの対応がどんなに心を優しくしてくれたことだろう。
はとこの家で
もらってきた八重のドクダミ
 鳥取の道の駅「燕趙園」
入場500円也
それなりに綺麗だった^^☆


2015年5月29日金曜日

母との時間

実家に帰省して今日で5日目。
妹も帰ってきたので3人で隠岐の島まで
家族旅行をしてきた。
超最高齢の母は
ちょっと歩いてもすぐ疲れるようになってきた。
車と船でほとんど移動という旅行だったが
母と楽しい時間を過ごしたかと言うと
認知症による混乱で
不機嫌な時もあったわけで
母が喜ぶに違いないと連れまわすのは
混乱させてしまうこともあるため
子供の満足だけじゃないかと悩んでもいたので
旅館の女将に
「本気で喜んでいる時もあるのでしょう。だったら良いんじゃないの」
そう言われて、ちょっと救われた。
母との珍道中は
明日も続く。
母は楽しい時間を過ごしても
すぐ忘れてしまう。
でも母が本気で
その瞬間を楽しみ、笑ってくれるのをみたら
娘は幸せ^^☆

2015年5月27日水曜日

鳥取花回廊

実家帰省して昨日今朝と
暑い中汗だくで
自宅のメンテで大忙しだった。
妹も帰省したので迎えついでに
日本最大級のフラワーパークで
鳥取の花回廊へ行った。
親子3人水入らずで
暑い中
水分補給しながら、花回廊を散策した。
私だけ初めての花回廊だったこともあり
撮影も満喫できるうえ。
大山も見えるので気分もアップ♪
89歳の母も老人者を押しながら
機嫌よく
一生懸命歩いてくれたので
娘も嬉しい^^☆
14時半ごろから17時までの
短い時間だったが
濃厚な親子時間を堪能。
母はすぐ行ったことを忘れちゃうけど
一緒に楽しんでいた記憶が私たち娘の
記憶の中で、心を温めてくれる。

2015年5月25日月曜日

実家帰省

今日から実家へ帰省
明日施設へ母を迎えに行く。
だから今日は
何か月も空けていた家の掃除を済ませて
夕方からは
田舎の旧友が来てくれて
おしゃべりtime~♪
明日から
実家で母の介護をしながら
母との時間をエンジョイしようと考えている。
以下は
こちら実家へ帰宅前に
友人から~^^☆
友人が自宅で咲いた花を
24日に届けてくれた。
息子の引っ越しの大掃除で
2日間
駆り出されていたので
直接会って感謝を伝えられなかったから
こちらで
こころから感謝を~^^♡
もう一人の友人からは
グリンピースをわざわざ息子のアパートまで
届けてもらった。
こちらも、こころから感謝を^^☆
実家にも持って帰ったから
豆ごはんを炊こうと思っている。

2015年5月24日日曜日

好古園(姫路城西御屋敷跡庭園)

~前回の姫路城観光の続き~
 
友人と
姫路城に隣接する
「好古園」内の活水軒でランチをした。
客が多く、約1時間近く待ちになったが
「姫御前」を無事ゲットし(私たちで最後だった)
美味しく頂くことができた。
姫路城お立ち寄りの際に
このお店は、お薦めスポット^^☆
園内は
池泉回遊式の[御屋敷の庭]や
格的数寄屋建築の茶室・双樹庵のある[茶の庭]など
9つの庭園群で構成された
美しい日本の庭園に仕上げられている。
食後にゆったりのんびり散策には
大満足のお庭である。
撮影も楽しめるスポットでもある。
友人とおしゃべりをしながら
花を愛で、5月の風を感じた一日になった。
友在りて
我活かされる
幸を知り
田舎を出てから
大阪→福知山→京都→滋賀で
得た
多くの友人はすべて私の宝だ。
ダメな私をも丸ごと受け入れて
良きにつけ
悪しきにつけ
支えてくれている。

2015年5月22日金曜日

エンジョイしたければ、計画を練ることだ

美味しいかもと、すっごく期待して行った
ホットケーキ店で
食べたいスフレは、今日はやってないと言われて
テーションだださがり...┌(´_`)┐
デザート系も売り切れとw(◎o◎)w
友人と分けっこで
普通に頼んだパンケーキの味に感動はなく
・・・普通で終わった。
まぁ~そういうこともある。
その後、夕暮れの堀を散策して・・」
夕食は、急きょ予約したお店で~☆
気分を盛り上げる定員さんの笑顔に迎えられて
パンケーキが胃の中で主張していたので
2800円コースをチョイス
前菜に
カニやエビが入っていると、食べる前の説明で発覚!
野菜がメインと思っていたので
あっらら~って(アレルギーがある)つぶやいたら
お店側で自発的に変えてくれた^^*
臨機応変な気遣いは嬉しいものだ。
 
友人と
2時間ゆっくり、おしゃべりしつつ
美味しく頂くことができた^^☆
市内に、二号店「カフェ」も出来たらしく
次回はそちらのほうも、行ってみよう友人と話した。
 
あそぼぅ~と誘ってくれる友人がいる
遊んでぇ~と気軽にいえる友人がいる
趣味にも友人にも恵まれている。
退屈する日もあるけれど
楽しもうと行動さえ起こせば毎日をエンジョイできる。

2015年5月21日木曜日

姫路城・(白鷺城)

姫路城は
修復にて
まさに白鷺城に変貌
5月の初めに、大阪で一緒に働いた友人と
30年ぶりに姫路で再開した。
お互い記憶の顔と一致せず
声のみの認識にお互い、はじめはドキドキ^^
話し出せば、30年前の時代へ一瞬にしてタイムスリップ。
なつかしい友人の会話テンポだ。
なんか、うれしい♪
その友人と一緒に
美しくなった姫路城にお出かけ~♪
 逢わなかった時間の空白を埋めるかのように
見学しながらも
おばちゃん同志のお喋りは止まらない(爆)
撮影込みで、ゆっくり見て回ったので
2時間以上 を費やした。
平日だったため、土日ほどの込みようではなく
待ち時間も比較的少なく、スムーズに見学できた^^¥
場内では、要所要所に
tabletをかざすと
映像で説明が見られるシステムもあり
ITを活用してお城の歴史を学べようになっていた。
アプリを落として
1~2回活用してみたが、解りやすくて面白かった。
ただ観光客が多く、じっくり学ぶには
ちょっと厳し部分があった。
私は、お城マニアではないが
姫路城だけは
ずっとずっと前から行きたいと思っていた
あこがれのお城だったので
一番美しい時期に、観光出来たことは幸いだった。
世界遺産で国宝でもある
姫路城は
雄大で、優美なお城だ!
友人とまた会う約束をした^^¥
若い時代に
共に学び働き、辛さや喜びを共有した友人は
長く逢うことも無かったとしても
友情が花散ることはないのだと
改めて感動を味わった日でもあった。

2015年5月19日火曜日

午睡タイム

 
気づいたら
舟を漕いでいた
ふわふわと
漂う眠りの海は限りなく透明で
読んでいたストーリの欠片が
湖面を浮き沈みしていく

ここは夢だと
遠くで意識しながら

眠りは浅くて
ふわふわ
漂う舟の軌跡を波音が消していく
心地よい揺れも
がくんと傾く私の重さで
舟は危なっかしげに波間を漂う

目覚めようか
うつらうつら漂って行こうか

午睡の時ほど
心地よい揺れに夢を乗せ
漂える時間はない
持っていた本が
手からポトンと離れ
波間にぷくぷく沈んでいく

瞼の裏で窓辺の光が
煌めく波の耀きとなってゆらめいて

2015年5月18日月曜日

大阪あべのハルカス

大阪の友人と、あべのハルカスを堪能。
環状線、天王寺駅下車。
エントランからチケットを購入して
ロビー案内に沿って
 60階へ45秒で到着というエレベータに搭乗
異時空間を少し想像させる光線を眺めつつ
あっというまに地上300m
日本一の超高層ビルの最上階だ。
60階の天上回廊をぐるりと歩く
 一面のガラス窓から眺める大阪の展望は
夕焼けから夜景へと変わる様が美しい。
この時期にスタートした3Dプロジェクションマッピングは
窓ガラスに特殊な透明ファイルを張り付けて投影させ夜景と
合わせて楽しむコラボとなっているとの情報で
期待を裏切らない風景と、短いなりにも「おっ~っ!」と
感動できる映像を楽しめてご満悦な一日になった。
 
画質は悪いけど雰囲気を味わえる 動画にトライ~☆
video

2015年5月14日木曜日

HP再編集

OCNのサーバーが終了したので
新たなサーバへ変更
この機会を再利用して
ここ数日少しずつHPの再編集中である。
しかし
ここまで辿りつくまでの顛末がある。

サーバー変更に伴うデータ移動で
公開まで一か月も手間取ったのである。
サーバーへ問い合わせしても
理解できず
PC教室て教えをこようと
行ったものの
原因を追究するのに時間を要すので
授業も高額にもなるので
自分で
サーバーへ問い合わせてやってみてと
帰されてしまったのであ~る^^;
はぁ~なんなん?

再度サーバへ問い合わせて・・・・
やっと、私の爪の甘さ露見^^;
原因は
初期フォルダへの転送が設定で出来ていず
公開までこぎ着けなかったのである。
いやはや・・・である。

高額な支払いをすることなく
アドバイスの元
自己解決でき、頭の体操にもなった。
失礼だった私を強くつよく反省。

ぼちぼち
再編集を楽しんでみようと思っている^^☆
HP「天使の羽」を
2003年に構築してからもう13年目に入る。
素敵な年齢になるわけだねっ。

2015年5月12日火曜日

豊かなるものたちよ

四季を通して
咲く花も
吹く風も
耀く陽も
変わることは無い

命は誕生し
命は消える
普遍にそれは変わらない

変わらないことを
ココロ在るものだけが
変化しているのだと感じ
さらには
その変化を比べ
その違いに感謝を奉げるのだ

この星に生存する
感じやすいココロを持つ
豊かなるものたちよ
我もその一人なり
雨の日
憂鬱だと考えると憂鬱な日になる
でも
命の水が大地を潤すと考えれば
ココロも潤い元気になれる
人生
前向き思考が一番♪

2015年5月10日日曜日

ひまがほしい〈・ひまはこまる

忙しいと
暇になりたいと願う
暇すぎると
なにか予定が欲しくなる

人は寝てばかりでも
人は動くばかりでも
ストレスが溜まる生きものらしい

ほどほどが一番と言いながら
ほどほどを忙しいと感じたり
ほどほどを退屈と考えたりする
身勝手な生き物もであるようだ

ひまがほしい
ひまはこまる
人は満足することを知らない
それは
良いことでもあり
困ることでもある
昨年の思い出を振り返る休日
こんなに青空なのに・・・
読書も映画も
PC操作も音楽鑑賞も
カメラスキルアップも
楽しめることは
身近に一杯あるけれど・・・
退屈は困る、である。

2015年5月7日木曜日

ティータイム

平日でも休み~♪
市役所に用事があったついでに
湖岸まで出かけて
友人が紹介していたパン工房で
おひとり様ティータイムを堪能した^^☆
観光客は少なく
ゆっくり~時間を楽しむことが出来た。
平日バンザイ♪
ティラミス ¥260
カプチーノ ¥600
ティラミスのアートは薔薇を選ぶ。
ラテーアートも「薔薇を追加して描いてみました」と
店員さんが持ってきてくれる~♡
そんな小さな心遣いが
撮影っ子には、とってもウキウキしちゃうのだ。
ティラミスもすごく美味しくて
これじゃぁ
絶対またリピートするよねっ^^¥
友人が美味しいと紹介してくれたので
こちら「クーゲルバーム」を二個お買い上げ¥378(一個)
カット撮影も加えておきます。
ちゃんと中に、バームクーヘンが入っています^^¥
クラブハリエらしいパンだ。

外側のパン生地がバームクーヘンの甘みを生かす
優しいお味で、とても美味しかった。
小腹がすいた時向きのパンでしょうか。
立夏に入った途端、くもり空だけど
公園は、にぎやかだ^^*
ほっこりタイムするには良い。
5月の風に吹かれて~☆
ひと時の
こころ休めで
夢をみる
こちらのモーニングも美味しいと聞いたので
また友人と一緒に行こう~☆

2015年5月6日水曜日

立夏

今日から暦上「立夏」
世間ではゴールディンウィーク最後のお休み。
娘も自宅でのんびり過ごしている。
私は久方ぶりに
CDをレンタルして、音楽の世界をエンジョイしたよ☆
ところで、今日はちょっと前にお出かけした
「ラグーナテンボス蒲郡」のご報告~を^^¥
その日は平日だったこともあり
想像以上に
人が少ないこと・・・ちょっと寂しい感じを受けた。

それでも親子連れや恋人同士の
楽しむ声が様々なアトラクションで響き渡っていた。
私達のような年齢の方は比較的少ない^^;
まぁ~当り前だろう
 テーマパーク、ショッピングモール、マリーナ、温泉等 からなる
マリンリゾートなのだから。
ショッピングモールで美味しい大トロ寿司を食べて
結構~満足^^☆
これだから、痩せられないんだなぁ~
トリックアートで撮影を楽しみ
ちょっとしたミュージカルをエンジョイする。
その後は、相棒が拒否した
絶叫系アトラクションを一人で楽しんだ~♪
でも、一人だとちょっと寂しさが募る(爆)
夜のーマパークでは
360度 3Dプロジェクションマッピング
美しいらしい・・が
残念ながら見ずに帰宅。
若かったらなぁ~バイタリティもあっただろうに・・・☆
遊ぶにも体力が必要だ。

光たち
泳ぐ木洩れ日
風をみる

2015年5月4日月曜日

人それぞれ好みやこだわりがある

iPhone→アップル社のMac系列のOS(ios)アイフォン
Android→googleが開発したOSのスマートフォン
総括して世間ではどちらも、スマホで済ませてることがある。
私の周りでは
ガラケから変更する場合
仲間だけでなく、子供までiPhoneを使用する人が多い
さらには
AndroidからiPhoneに変更する友人も増えている。

だが
双方のその違いは何か
調べるにつけ
わたしがAndroid機種から離れないのは
画面のカスタマイズの幅があるのと
戻るボタンがあるとか
少ない容量の機種を買っても
SDカードで要領を増やせる魅力だろうか。
まぁ
人それぞれ好みがある。
わたしが
PCはWindows派でMacBook に変更できないように。
このようなIT機器は
使用したいソフトやアプリがあって
ビギナーになるほど(仕事に活用するソフトにも関係して)
こだわりが強くなるようだ。

だが、私の場合は、頭の柔軟性が減って
どんな条件であろうが、自分流に変更させてゆく
そういった面倒を
楽しめなくなっているのも少々あるかもしれないと
ちょっと悲観的な視点を持ってもいる。
ガラケからスマホに変えない人は
それなりのこだわりがあるのだろうが
便利なアイテムを日々の中で活用する魅力に
惹きつけられないのは
食べず嫌いもあるだろうし
使いこなせる能力の限界を感じるのだろうか。