2017年8月15日火曜日

悩む必要が無いかもな、の悩み

地球上には
人間同士が簡潔に且つ
誰でもが、わかりやすく
会話や言葉を理解し合えるような言語は
存在しない。
 
この世界には
過去の言語も含め
多くの言葉(言語)があり
何か国語が話せても
それが全てでは無く
翻訳や解説があってさえも
全ての
違う国々の人と相互理解は不可能だ。
地球が宇宙から見れば
小さな星かもしれないが
人間一人にとっては
とてもでかい世界だから
至る国々で、様々な言語が存在する。
 
今は
ネットで気楽に検索すれば
ある程度は
知らない国を知る、知識を得ることは出来る。
しかしそれが全てではない。
やはり、その国の言葉を知り
文字を理解できてこそ
理解は、より深まると言うものだ。
だが、ふと思う。
自国に住んでいてさえ、自国のことを
100%理解
出来ている人は、たぶん、いないだろう。
博識ある人でも、ある程度
興味あることにしか、特化できないし
幅広く知れば、深くは学べないし
深く学べば
全体を知る機会は少ない。
 
従って、人間が理解できる範疇は
ホント少なくて
博識じゃない、私の理解できる
範疇は、さらに、ごくごくわずか、だ。
 
そんな人の方が
たぶん、多くて・・・
そんな人が持てる知識の世界で
もがいて、悩んで生きている。
雲上に上がるほど
見える風景は、ちっぽけだが
世界(地球)は
ホントは、凄く広くてでかいってことを
改めて、意識させられる。
 
そんな風景を捉えて
箱庭みたいに見える
住む世界で
悩んでいることが、小さく見えるって
良く言うけど
それって、世界は実際広いってことを
意識させられているんだなあって~^^*
知識って膨大だし
学べることには限りがある。
死ぬまで私は
自分が理解できる、狭い(知識)世界観の中で
もがき続け、悩み続け
時には、笑って生きていくんだろうなぁ~
達観できるって、ほんと、凄いと思いよ。
まだまだ、の私。

2017年8月11日金曜日

食べたい。でも。健康がっ!

美味しいものに
目が無いのは万人だろう、と思う。
もちろん
美味しいと感じるものは
人それぞれ違うだろう、とは、思うけどね。

とくに 
女性は、甘いものが好きだ。
まぁ~そうでもない人も、いらっしゃるだろうが
たぶん
好きな人の割合は多いことだろう。
私も例外じゃなくて・・・
甘いものばかり食べるのは
健康に良くないって
解っていても
甘い誘惑には抗いにくい。
一個100円って誘惑には勝てなかった^^;
年齢的に
お肉もたくさん食べれなくは、なったが
それでも
年に一回ぐらいは
美味しい肉を欲する気分になる。
そういった時は
上肉を食べて
胃もたれしないように
後で、特茶なるものを買って飲む。
気の問題だろうけれど・・・。
 
ところでなぁ~
LDLの値が数年で、徐々に高くなり
服薬を7月から決行するに至ったーー;
二日に一錠。
されど内服を
常用しなくてはならないって
思うストレスは、あって
結構、最近、気持ち落ち込んでいる。
食生活と運動だけで
正常値まで戻せる意志の力は無いと
悟ったことも、落ち込む原因だ。

2017年8月7日月曜日

びわこ函館山ゆり園-②


暑中お見舞い申し上げます。

暑い毎日が続く夏。
時々
涼風を探したくなるよね。
夏バテしないように、クーラ漬けの日々に
ちょっと
うんざり気味なのは、本音。
きっと、あなたも、だよね?

暑い日差しも
押し寄せる台風も
四季がある日本では
自然の、営みで、繰り返す流れだ。
でも
今は、四季の有難味を
消し去るほどの
気候の激しさが招く災害が
至る所で頻発し
地球を破壊しつくしそうで
子供や孫の
未来に対して、不安になるよね。

さて、訪れた日、山頂から眺める
琵琶湖はかすんで
すっきりは、見えなかったけど
花畑が
空の上の、夢の国のように、咲いていたっけ。

来年もrepeatかな?
ちょっと、そんな気持ちにもなった
函館山のゆり園だったよ。
来年も元気で
観に行けたらいいなぁ~

青空に映える、豪華なゆりの花^^♪
こちらの、ゆりは、強く香らないから
また、見にこようかなって気分になる。

2017年8月4日金曜日

びわこ函館山ゆり園-①

数年前に訪れているので
すっかり無沙汰だったのだが
友人に誘われて
7月中頃お出かけした「ゆり園」^^@
山頂の風は
わずかに涼しくて~
爽やかさを感じることが出来た。
ちょっと曇りがちで
雨が?だったが、降られることなく
満開の早咲きの「ゆり」を
堪能することが出来た^^☆
平日ではあったが
開花期なので
中高年の観光客や
撮影好きが、結構たくさん訪れていた。
土日は
きっと家族連れが増えることだろう♪
窓の外はお花園
そんな休憩室で持参のランチを
お喋りしつつ堪能した。
久方ぶりに訪れたので
ちょいと、テーションも上がって
充実した一日を過ごすことが出来たのは
誘ってくれた友人のお蔭だね^^¥
マンネリ化する風景もあるが
しかし
期間を開けて訪れると
また新鮮味を感じられるものだ。
でも
この色とりどりの「ゆり」にはは
さすがに飽きると言うことは無い。

2017年8月2日水曜日

苦難は、日々の幸せに気づかせてくれる

何気ない日々が
流れていくと
退屈になって
余り幸せとは、感じないものだ。
だが、何か
トラブルで、辛いこと
苦しいこと、悲しいことが
身に起こると
何もない平凡な日々の
在り難さと幸せに気づくものだ。
何気ない日々の中にも
ふっと
幸せを感じることはある。
それは
自分が、意識しないと
感じないものだ。
 
綺麗な花を観たり
茱萸の収穫を感じたり
自然の色に命をみたり
友人から突然頂く
お届け物だったり
ある時は、喜んで貰おうと
お届けものをする。
大病をせず過ごせている
そんな細やかなところにも
幸せはあって、喜びはある。
意識して
自分の周りを探したら
数えきれないほど
幸せが、転がっている。
幸せとは
誰かに、与えてもらうばかりじゃなく
自分が、何かに感化を得て
意識するものでもある。
 
ちょっと、辛いかなって
思った時は
自分の周りを見直して
幸せを数えたいものだ。
マイナス思考は、幸せの道ではない。
だが、私は、人は
時に傷つき、折れて初めて
そのことに気づかされ
また
忘れると言うことを繰り返す。
何も無い
当たり前の日々に感謝しないとね。

2017年7月30日日曜日

蓮の夏

汗がたらたら流れる季節
蓮の花は開花する。
琵琶湖(烏丸半島)の蓮は
咲く可能性はもぅ無いらしい^^;
数年前は
舟に乗って、蓮の群生の中で
撮影をしたものだから
とっても、残念である。
 
自然は
環境状況によって
無残な末路を辿ることがある。
どんなに関係者が努力しても
復活できない命(自然)も、あるのだ。
まだ、どこかで生息できる
命がある内は
環境を壊してきた人間が
守る努力をしなければならない。
今回は
湖北の沼で、元気一杯に咲く蓮の
撮影をしてきた。
蓮の花が開いている時間帯は
午前中のみ。
朝の光を浴びて咲く瞬間が
一番美しい。
見栄えの汚い水沼で
清廉な花を咲かせる蓮。
 
汚れに染まらない
花の美しさが眩しい^^@
人は
環境に影響されやすい。
 
蓮の花のように
環境に左右されず
美しく生きるという姿勢が
仏の悟りに繋がるのだろう。
仏が座る花に相応しい。

2017年7月27日木曜日

SNS映えするあじさい餅


スマホの普及で
ネットを楽しむ老若男女は
増加し続けている。
さらにSNSを公開し
楽しむ人も確実に増えている。

年齢が高くなるほど
SNSをする人は
若い人たちほど多くは無いだろうが
発信している人はいるし
それを目的で商品を提供する
商売も増えている。

紫陽花の色は
暖色から寒色へと、色の幅が豊かで
紫陽花色なんて表現もあるくらい。
 
購入した「あじさい餅」も
鮮やかな色合いで
投稿したくなる商品になっている^^¥
かくして
私でさえ、その誘惑には勝てず
こうしてblog発信する始末^^☆
心ワクワクすることや、ものを
感性が近い仲間と
共有したい気持ちは
誰もが持つものかもしれない。
だって、そうすることで
ワクワク感がワクワク以上の
喜びや楽しみに
心の中で、増幅されるもの^^♪
SNS発信は
様々な、共有や共感を求めて
途切れることなく日々発信され続けていく。